市長からのメッセージ

未来は明るいと信じる人、好奇心ある人、そして行動する人

日本はこれからどんどん人口が減少すると聞いたとき、「ああ、これはお先真っ暗だ」と思うか、あるいは「これまで以上に一人一人の活躍の場が増えて、一人一人の存在がより大事になるはずだ」と思うか。

国も地方も財政がますます厳しくなると聞いたとき、「もう破たんしかない」と思うか、あるいは「さあ、いよいよ市民の出番だ」と思うか。

物事は見方によっていろいろな捉え方ができます。そこでは、何が正解かはわかりません。でも、目の前の事実に対して、ただ暗い気持ちになるか、あるいは、何か糸口を見つけてポジティブに捉えるか。ここには、ものすごく大きな違いがあると思います。

他の市町村の例にもれず、武雄市も色々な課題を抱えているのは事実です。その事実に対して、自分だったらどのような見方をするのか。
いわば、コップに水が半分あるときに、「半分しかない」と思うか、あるいは「半分もある」と思うか。

未来を悲観的に捉えるのではなく、未来を明るいものとして捉え、力強く前へ進もうとする態度に、私は共感を覚えます。

そして大事なのは、好奇心を持つということ。

私たち市町村の仕事の舞台は、市民の皆さんの生活と密着した現場です。そして、私たちの仕事は、市民の皆さんの幸せを創造すること。
市民の皆さんは、一人一人興味や関心も違いますし、抱えている課題や悩みも違う。

そこでは、とにかくいろいろなことに好奇心を持ち、現場の声を聞きながら、こんなことができるのではないか、あんなことができるのではないか、といつも考えることが大切です。

その上で、考えるだけでなく、実際に行動してみること。

物事に100%の正解はありません。まずは小さくてもいいから、自ら行動を起こすことが大事です。

ひょっとしたら、自分一人ではなかなか前に進まないこともあるかもしれません。でも皆さんには、上司や先輩という頼りになる仲間が市役所にいます。
外に一歩出れば、市民の皆さんやNPO・企業などの皆さんもいる。だから、自分の熱意を伝えて共感してもらい、いろんな人を巻き込んでいきましょう。

その出発点は、どんなに小さくてもいいから、まずは行動することです。あなたが動けば、周りも変わっていくはず。

武雄市では、この10月にはこども図書館が、来年5月には新しい庁舎がオープンします。そして5年後には、九州新幹線西九州ルートが開通し、武雄に新幹線が走ります。武雄はこれから大きく変わっていきます。このチェンジをチャンスと捉え、私たちは、明るい未来に向かって、今大きく動き出しています。

未来は明るいと信じ、好奇心を持ち、行動できるあなたへ。
私たちと一緒に頑張りましょう。

武雄市長 小松 政

採用試験資料ダウンロード

コチラから