これからの街並み

 武雄市の「まちなか」には、南部地域に武雄市図書館、北部地域に武雄温泉があり、現在でも年間180万人を超す市民・観光客がまちなかを訪れています。
 現在、その中間に市役所の新庁舎の建設をすすめており、来年3月に完成予定です。また、今年10月には、武雄市図書館に隣接してこども図書館が開館します。昨年10月にリニューアルオープンした競輪場には、来年3月に新しい公園が完成するなど武雄のまちなかが大きく変わります。
 平成34年開業予定の九州新幹線西九州ルートの開業を見据え、新幹線開業までに、多くの市民・観光客のみなさんが回遊する、活気ある「まちなか」創りを推進していきます。


 

採用試験資料ダウンロード

コチラから