武雄市の取り組み

「それ、武雄が始めます。」というキャッチフレーズのもと、市民一丸となって希望ある未来づくりを行っています。

① 魅力向上に向けて

 2022年度に九州新幹線西九州ルートが開業します。

 武雄市は、佐賀・長崎両県の結節点としての地理的優位性や地域資源を活かして、観光や移住、経済活動等の拠点となるハブ都市を目指しています。西九州エリアの観光情報発信に加え、駅前・駅周辺整備を進め、これまで以上に魅力あるまちづくりを目指します。

② 災害に強いまちの創造

 これまでの災害の教訓を踏まえ、被災前よりも一人一人が幸福を実感できるまちを目指しています。
 自主防災組織の活動支援を行いながら、地域防災力の強化を図るなど、「自助」、「共助」、「公助」を合言葉に、災害に強いまちづくりに取り組んでいます。

  • 災害に強いまちの創造
  • 災害に強いまちの創造
  • 災害に強いまちの創造

③ 人にやさしいまちづくり

  どんな境遇や環境であっても、いくつになっても自分らしく幸せに暮らせるまち、希望をもって生きられるまちづくりを行っています。
  地域交通の大再編として新コミュニティバスの運行を開始したり、障がい者や子育て支援の充実を図るなど、人と人とが交流し、支え合い、安心して暮らすことができる地域社会の実現を目指します。

  • 安心して住み続けられるまちづくり
  • 安心して住み続けられるまちづくり
  • 安心して住み続けられるまちづくり
  • 安心して住み続けられるまちづくり

④ 文化のまちづくり

 21世紀は生活の質、心の豊かさを追求する時代。
 誰もがスポーツや文化を通じて、幸福で健康で充実した生活を送れるようなまちづくりを進めています。
 スポーツとくつろぎの融合の場として、野球場や体育館等の整備に取り組み、新しい文化の創造、文化によるまちの賑わいの創出を目指し、文化を活かしたまちづくりの実現を図ります。

Pagetopへ